Prasthãna プラスターナ ~旅立ち~ Salangai Oli 2022 -bells sound-

今年のまちかど倶楽部のイベント制作第一弾!

山元彩子さん主催のヌリッティヤ ラクシャナ ジャパンの定例公演サランガイ オリをまちかど倶楽部が手がけます。

タイトルは「プラスターナ ~旅立ち~」。ヌリッティヤラクシャナジャパン唯一の男性ダンサー宮本博さんはこの定例公演サランガイ オリに出演するのはこれが最後。日本を離れて旅立ちます。その彼へのはなむけとなるのは今公演、そして8/13(土)の「躍動するラーマーヤナの世界」@東京 part 1(山元彩子・堀友紀子・宮本博の三人による日本語舞踊劇「ラーマーヤナ」の演舞)が本当のラスト公演になります。

そんなメモリアルな公演にさらなる花を添えるのは、プリヤダルシニ・プラカーシュ、竹原幸一、石井秀典の三人によるカルナータカ音楽(南インド古典音楽)の演奏です。さらにはワタクシあきらジーこと井生明によるカルナータカ音楽、そして今秋公開のインド映画「響け!情熱のムリダンガム」に関するスライドトークもあり盛りだくさんの内容となっています。皆さん、どうぞお誘いあわせの上、お越しくださいませ!


まちかど倶楽部

井生 明






Prasthãna プラスターナ ~旅立ち~ Salangai Oli 2022 -bells sound-


《ご挨拶》

予想出来ない事が日々起こり続けています。普通の日常がどんなに有難い事か身に染みており、皆さまもどれだけ不自由に耐えてこられた事かと拝察いたします。私達は、「踊り」という非日常を諦める事なく、大切に踊り続けられた事を自負しており、喜びを持って舞台に立たせて頂きます。


今回は、8年間メンバーとして在籍の宮本博、最後の SALANGAI OLI への出演です。20年に亘りカナダで舞踊の研鑽を積み、うち10年はコンテンポラリーバラタナティヤムダンサーとして活動経験のある男性ダンサー宮本の出現は、ヒンドゥーの宗教舞踊における表現の難解さに一条の光となりました。即、男性神役を総なめにし、好評をいただいております。宮本がいるからこそ出来る群舞を集大成としておおくりいたします。


「祈りの舞踊」の真髄をいまここに・・・。


ヌリッティヤラクシャナジャパン主宰

山元彩子




出演:

バラタナティヤム by ヌリッティヤラクシャナジャパン

山元彩子、堀友紀子、宮本博、坂井あゆみ、武井充江、竹内麻子、井出尚子、辛島純子、冨田通江、川田理恵、坂田奈保子、宮田亜紀、石井佐智子


カルナータカ音楽の演奏

フルート:プリヤダルシニ・プラカーシュ、ムリダンガム:竹原幸一、カンジーラ:石井秀典


カルナータカ音楽ナビゲーター:井生明




日時:

2022年6月26日(日) 開場 15:00/開演 15:30/終演:18:00


会場:

座・高円寺2(〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2)


チケット:大人 3,000円(中学生以上)

     子供1,500円(小学生以下、親の膝上など席を占有しない未就学児は無料)


ご予約:

メール:info@lakshana-japan.com  (会場受付にて当日精算)

件名に「プラスターナ」と明記の上、お名前、チケット枚数、お電話番号をお知らせ下さい。


Peatix:https://prasthana.peatix.com/

(クレジットカード・PayPal・コンビニ払いなどによる事前決済。当日はe-Ticketにて入場)


主催:まちかど俱楽部


企画・運営:NRITYA LAKSHANA JAPAN 天の彩配


後援:アジャンタ


音響・照明:クリエコーポレーション


タイトル案・文献提供:伊藤武




《公演内容》

◆ヌリッティヤ ラクシャナ ジャパンによる南インド古典舞踊バラタナティヤム公演(宮本博サーランガイオリでのラスト公演)

◆南インド古典音楽・カルナータカ音楽の生演奏

◆井生明によるカルナータカ音楽トーク





【コロナ対応・事前注意】

■本公演は、新型コロナウィルス感染防止対策を可能な限り施して開催いたします。ご入場に際しては、マスク着用、一階入り口での検温、手指消毒へのご協力をお願いいたします。■37.5度以上の発熱や体調不良のある場合は入場をお断りすることがございます。■状況によって公演内容の変更がある場合がございます。予めご了承ください。■昨今の状況を鑑み、誠に勝手ながら花束や贈り物は辞退させて頂きます。■公演終了後のロビーでの面会は控えさせて頂きます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。





特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事