出演者プロフィール:「インドなまちかど文化祭」 vol.4 インド音楽とタップダンスの融合「trio tha Floral Fruity」

「インドなまちかど文化祭」vol.4 インド音楽とタップダンスの融合の出演者プロフィールと参考動画です!動画を観てライブへの期待を膨らませてねー!お陰様で「インドなまちかど文化祭」vol.1が先日10/17に無事終了しましたが、やはりライブな感覚を研ぎ澄まして聴く音楽は良いなぁ痛感しました!vol.4となる11月13日のライブ@カフェスロー、オフラインでもオンラインでもそれぞれの状況でそれぞれ楽しんで頂ければ幸いです!来れる人はカフェスローで、来れない人はオンラインでお会いしましょう!

                                             まちかど倶楽部 井生明


SARO(サーロ)  本名 横山 禎大 (ヨコヤマ サダヒロ):振付家、ミュージシャン、演出家

1982年生まれ、東京出身。 幼少期から音楽に興味を持ち、9才でタップダンスを始め、足で音を出す不思議な魅力に取りつかれる。子供の頃から舞台やメディア等で、キャリアを積み始め10代後半からソロ活動をスタートさせる。北野武監督作品『座頭市』に出演やアメリカの偉大なTap Master JIMMY SLYDEの来日公演ではラストのソロパフォーマーに抜擢される。


その後、音楽的でオリジナルなタップダンスのスタイルを求めてアメリカ、アジア、ヨーロッパを旅しながら多様な文化と音楽を学び続け、音楽的でグルーヴ感のある現在のタップスタイルを確立しタップダンサーがミュージシャンとしても活躍できることを体現することに尽力している。


タップダンサーとしては異例のFUJI ROCK、RISING SUN ROCK FESTIVAL, 宮古島ミュージックコンベンションなどの野外フェス出演、リリース音源がiTunes Jazz Chartにて1位を記録など個性的な活動を展開している。


世界での活動も積極的に行なっており香港タップフェスティバルゲスト出演や、マレーシアにて行われたAsean Japan TV festival 日本代表パフォーマーの一組としてパブリックステージ、レセプションパーティーに出演。パリで開催されたJapan Expoにてソロ出演。ロックギタリスト『MIYAVI』 のバンド『kavki Boiz』のメンバーとしてワールドツアーを成功させ、異色のギタートリオ『Conguero Tres Hoofers』のメンバーとしてヨーロッパ、ロシアツアー、台湾公演を成功させる。altanative band 『Venue Vincent』のメンバーとしてタイツアーも敢行し、それぞれで各国のTV、メディアにも出演。


現在は、自身のバンド、ソロによるパフォーマンス、ライブなどの活動や舞台やメディア出演。様々なジャンルのアーティストとコラボレーションと多岐にわたる活動を行なっている。同時に、タップ指導やワークショップ、子供向けオリエンテーションなどを日本全国、世界で開催しており、2017年よりタップダンサーのための舞台『Tap Dance Concerto CON』を主宰し、2020年にはマンツーマンのビデオレッスンをスタートし国内外問わずどこにいてもタップダンスレッスンが出来るよう仕組みを整えるなど演出家、教育者としても精力的に活動している。


SARO OFFICIAL WEB SITE

SARO Twitter

SARO Instagram

SARO Youtube



吉田 元 葡萄と桃と野菜も作るタブラ奏者 Hajime Yoshida

インド東部コルカタにてファルカバードガラナ Sumanta Chatterje 氏に師事 国内外問わず演奏の場広げる。現在山梨県に在住し半農半音生活。絶賛果樹アルバイト希望者募集中! 

ボンテン農園 Facebook



平川麦=VQ   北インド古典撥弦楽器 Sarod奏者 & truck-maker, beat-maker, DJ & etc. Baku Hirakawa

幼少期に姉の影響でピアノを習い始める。 10代後半よりノイズを信仰 学生時代在籍したテクノ部で初めてターンテーブルに触れる。 その後、今は無きアングラDJ Bar "Bar 青山”にて初DJ。 ノイズ、デジタルハードコア、テクノ エレクトロ、D’n’B、hip hop、 トランス等々ジャンルレスに様々な音と戯れる。 2002年 六本木ヴェルファーレでの"Body & Soul"を体験後 deep house 及びhouse music にのめり込む。 その後紆余曲折ありつつ 2003年9月 渡印 コルカタで北インド古典撥弦楽器”サロード”を始める。 2005年1月 サロード奏者Pt.Tejendra Narayan Majumdar氏に師事。 2006年10月 コルカタに移住 北インド古典音楽とサロードを修練する 。 2009年6月 帰国。 現在、 北インド古典音楽の修練はもちろん 様々なアーティストとのライブ セッションワークに参加し活動中。 インド古典楽器+タップダンス=Floral Fruity タップダンサー SAROとのDuo “平川温泉旅館” 等でも活動中。 及び ジャンルレスに美しい音、世界感を追求 果てなく追求 死ぬ迄追求中。

平川麦 Instagram

平川麦 Facebook



Floral Fruity

オリジナル四人編成のFFのビデオクリップ。各メンバーへのインタビューやメンバー同士が他己紹介しながらFFの魅力を語る!




平川温泉旅館_LIVE@音や金時(西荻窪)2019.9.9_03

SAROとサロード奏者平川麦のデュオ!



Floral Fruity Live 2017 @ circus TOKYO 1

四人編成でのFFライブ時、SAROのタップとタブラ奏者吉田元のからみ!


#PlayFromHome Jam36 featuring Saro Tap Dance

SAROとカンジーラ奏者スワーミナータンとのリモートデュオ!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事