検索

はいさい!

インド仲間で南インド研究者である小尾淳さんが先日上梓された「近現代南インドのバラモンと賛歌」〜バクティから芸術、そして「文化資源」へ〜(青弓社)を紹介します!



右は小尾さんが字幕を手がけたタミル語映画「世界はリズムで満ちている」




 現在、大東文化大学国際関係学部で助教を務める小尾さんは、かつては南インド、タミル・ナードゥ州の古都タンジャーヴールに住み、近郊にある政府系の音楽カレッジでカルナータカ音楽(南インド古典音楽)の声楽や弦楽器ヴィーナーを習得した人なのです。インドの大都市ならばまだしも、タミルの一地方都市で生き抜き、彼の地の音楽や芸能を習得、そして研究するにはかなりの気力と体力が必要なのはいうまでもないこと。そんなことをやり遂げた小尾さんはワシからすればそりゃ強者。うん、アマゾネスですね(笑)初めて会ったのは小尾さんが留学中のタンジャーヴール。待ち合わせのオールド・バススタンドのそばに、月光仮面さながらの日焼け&ホコリ防御のスタイルで颯爽とバイクにまたがって現れた姿を今でもよく覚えています!



 南インド留学からの帰国後も地道に研究を続けてきた、そんな小尾さんの一つの成果がこの本。300ページ超のこの本では、小尾さんが研究してきた「ヒンドゥー教の賛歌の伝統」について紐解かれています。ご存知、インドは芸能大国で、至る所に音楽が溢れていて、さらにはカルナータカ音楽のように高度かつ実にインドらしく発展した宗教・芸術音楽があるのですが、ヒンドゥー教の信仰の一つの手段としても、音楽が当たり前のようにあるのが「音楽好き」にはたまらないのです。このことに関しては、ワシのシリーズもののトークイベント「The カルナーティック・トーク!」(カルナータカ音楽の魅力を紹介するもの)や「インドの南に行ってみよう!」(南インドの魅力を幅広く紹介するもの)などでも、色々な実例動画をお見せして来ました。カルナータカ音楽の精神的オリジンとも言われるヴェーダの詠唱やヒンドゥー教の寺院にお参りに来たごく普通のおじさん(素人!)が寺院の壁面に刻まれたシヴァ神への賛歌を詠唱する様子、おばぁちゃんが孫の健康を祈願して歌う歌、タミル暦のマールガリ月の早朝、人々が神の賛歌を歌いながらヒンドゥー寺院の周囲を練り歩く様子などなど。ワシ自身が南インドで見続けてきた素敵な「音楽的シーン」をいくつもシェアしていますが、インドのそういった音楽的なものの「偏在っぷり」を「ヒンドゥー教の賛歌」という視点から読み解けるようになっています。



 もちろん学術書なので、そもそもの目的がワシら一般人に知らしめるためのものではないのですが、ワシのイベントに来てくれてるような人には、多少なりとも響くのではないのかな。お値段も税別6000円と学術書的な値段ではありますが、南インドの興味のある人は是非ともご購入、もしくは近隣の図書館へ購入リクエストを出して読んでみてください!ちなみに表紙のイラストはマサラワーラーの武田尋善画伯の手によるものですよ!ラーダーとクリシュナの遊戯をモチーフにしたバクティ溢れる絵ですよ!



以下、ワシが撮影したこの本に関連する写真を二点ほど。



ウダヤルール・カルヤナラーマンによるコンサート形式の賛歌の詠唱。2007年、チェンナイにて。



「ラーダの婚礼祭」の様子。2017年、チェンナイにて。




「世界はリズムで満ちている(Madras Beat)」(タミル語タイトル「Sarvam Thaala Mayam」)。2018年に東京国際映画祭でも上映されたタミル語映画。ワシは上映のタイミングでちょうどシンガポールにいたため、残念ながら見逃がしていたのだが、かれこれ2ヶ月ほど前に観る機会があったので、ここで少しだけ紹介します!ってか、HPのブログを書くの二年振り!



さて、この「世界はリズムで満ちている」、のっけから疾走するカンジーラ(トカゲ革のタンバリン)の音に現代っぽく音声処理されたコナッコル(南インドのリズム言葉)、さらにはムリダンガムに特徴的な倍音の効いた音色を散りばめたオープニングにテンションが上がる。そのままもはや懐かしい「三密」なチェンナイの街を映し出して物語がスタート!



あらすじ

クリスチャンのムリダンガム職人(不可触民)の家庭に生まれたピーターが主人公(映画俳優ヴィジャイの大ファン)。小さな頃から太鼓を叩き音楽に興味を持っていたが、父親が作るムリダンガムの本当の魅力はまだ知らなかった。ある日、父親の代わりにコンサート会場にムリダンガムを届けることになったピーターは流れでそのままコンサートを観ることになり、そこでムリダンガムの虜になってしまう。彼はそのコンサートのムリダンガム奏者で大御所のヴェンブ・アイヤールに弟子入りしようとするが、最初は拒絶される。しかし粘ってどうにか弟子入りを認められ修行に励むが色々あって師から追い出され、さらには家族からも拒絶されてしまった彼はインド中を放浪して各地のリズムを求める旅に出る。そして・・・。(詳細は東京国際映画祭のHPを見てね)


「世界はリズムで満ちている」トレイラー

まぁ、ざっくりいえば、南インドの古典音楽「カルナータカ音楽」における「伝統」と「現代」についてのストーリーで、そこにはインドのカーストにおける問題、そしてカルナータカ音楽の演奏者間の問題なども描かれている。映画なので、当然といえば当然だが、全てのシーンに意味があるわけで、カルナータカ音楽を知っている人ならばニヤッとしてしまう場面や下敷きとなったカルナータカ音楽界でのエピソードなどがふんだんに散りばめられている。いやぁ、それにしてもこの映画の主人公ピーターのムリダンガムの師匠ヴェンブ・アイヤールの台詞が実にカッコいいんだよね。バラモンのカルナータカ音楽に対する矜持が随所に表れていて、「そうそう!そうなんよね」と激しく頷きながら観てしまいます(笑)カルナータカ音楽的には色々と意義深い映画ではあるので、詳細は秋に出る予定のワシの新刊本(阿佐ヶ谷書院)で触れるので、どうぞ楽しみにして頂きたい。

出演者について

カメオ出演でそうそうたるメンツが見られる!日本のインド映画ファンには「インドシネマ歌謡祭」で来日したことでもお馴染みのプレイバックシンガーのシュリニヴァースや、カルナータカ音楽の現役シンガーで映画音楽でも活躍するウンニクリシュナン、そして同じくプレイバックシンガーのカールティックが音楽コンテスト番組の審査員役で出演している。カールティックは2016年に「天上のリズム」公演でも来日したカンジーラ奏者セルヴァガネーシュとのグループ「Arka」でも活躍する人気の歌手です。


シュリーニヴァース歌唱の曲「Minsara Poove」。ラジニカーント主演作「パダヤッパ」より。「インドシネマ歌謡祭」ではこの曲でシュリニヴァースとのデュオで歌ったニティヤシュリーも来日。彼女もカルナータカ音楽の現役シンガーで映画音楽もこなす。



カールティックがボーカルをとる「ARKA」。



エンディングのシーンで主人公のピーターをムリダンガム奏者として迎えて歌っているのはボンベイ・ジャヤシュリー。インドでも人気の女性歌手で、「ライフ・オブ・パイ」~トラと漂流した227日~の冒頭に流れる美しい曲「パイの子守歌」は彼女による歌唱です。この映画は第85回アカデミー賞で、作曲賞、撮影賞、視覚効果賞の最多4部門を受賞し、この「パイの子守歌」も歌曲賞にノミネートされたけど、残念ながら受賞には至らず。しかし、良い曲ですよ。(なおこの映画にも出演していた俳優イルファン・カーンさんが先日亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします)




カルナータカ音楽のミュージシャンも役者として出演!

さらにはカメオではなく、実際のカルナータカ音楽家もちゃんとした台詞のある役柄で出演している。若手男性ボーカリストのシッキル・グルチャランは自身同様の音楽家として出演。「この役柄のイメージが付いてしまったら大変だけど大丈夫か?」と思うような台詞もこなし、俳優ばりの演技を見せている。また、ピーターの兄弟子ナンドゥ役のスメーシュ・ナラヤナンもムリダンガム奏者として活躍している。彼は2007年にチトラヴィーナー奏者ラヴィキランとともに来日したムリダンガム奏者ティルヴァルール・バクタヴァッサラームの弟子であり、今秋来日予定の天才ボーカリスト、アビシェーク・ラグラームのライブアルバムでもムリダンガムを演奏している(販売用CDあるよ!)。本来ならば代々木上原ハコギャラリーで開催予定だった「India Spring Bazaar」で、この映画にまつわるCD片手に盛り上がるつもりだったのだけどね。まぁ、仕方ない。




くすぐり系の小物やシーンも随所に

こういった出演者だけでなく、各シーンの背景などで映し出される小道具などにも「カルナーティック魂」をくすぐるものが用意されている。ピーターの師ヴェンブ・アイヤールがピーターを連れ出してコーヒーストールに行くシーンでは、店内の壁にカルナータカ音楽の「三楽聖」の肖像画が掲げられている。カルナータカ音楽はヒンドゥー教のハイパー宗教音楽かつ芸術音楽であり、神への献身・信仰を歌にしたものが今でも歌い継がれている。そういった曲を残したのは聖人であり、作曲家でもあるのだが、現在でも歌い継がれ、コンサートのレパートリーとして欠かせない楽曲を残し、特に多大な貢献をしたとされるのがティヤーガラージャ、ムットゥスワーミ・ディークシタル、そしてシャーマ・シャーストリの三人で、彼らを一般に「三楽聖」と呼んでいるのだ。チェンナイのコンサート会場でも、ロビーやホール内の壁にこの三楽聖をはじめとする作曲家の肖像が飾られている。こういった聖人かつ作曲家は、非常に尊敬・崇拝される存在である。しかし、実際のインドでは一般大衆がカジュアルに集まるコーヒーストールの壁にこの三楽聖の肖像が掲げられているということはほぼない。いわゆるバラモンや一部の音楽カーストが主体となって担っているカルナータカ音楽の現状を踏まえたうえでのファンタジーもしくは願望として描いているといえるだろう。くしくも、つい先日南インドの映画俳優で政治家に転向したカマル・ハーサンがこのティヤーガラージャを侮辱する発言をネット上のインタビューで行い、現在その発言を糾弾するキャンペーンが繰り広げられていることからも、南インドで聖人・作曲家がどれだけの存在であるかがわかるだろう。ちなみにこのキャンペーンの発起人はカルナータカ音楽のシンガー。果たしてこの騒動もどう収束するのか?しばし、見守っていきたい。


ピーターの父ジョンソンのムリダンガム工房を映したシーンではオマージュとして、伝説的ムリダンガム奏者パルガット・マニ・アイヤールとムリダンガム職人の写真が映し出されている。さらには、この映画でのムリダンガム演奏指導をした大御所ムリダンガム奏者シヴァラーマンの写真をはじめ、現在も存命のボーカリストやムリダンガム奏者の写真がさりげなく映し出される。チェンナイに実在するミュージック・アカデミーをモデルにした「カルナータカ・アカデミー」でのコンサートのシーンではこのシヴァラーマンの弟子のムリダンガム奏者ナーガラージもちゃっかりピンで抜かれている(笑)また、マニア向けな情報ではあるが、ラジニカーントの映画「ロボット」に、ロボット倫理委員会のメンバーとして出演していたカルナータカ音楽のベテラン男性声楽家マドゥライG.S.マニ氏がまたもやチラリと映るが、果たして気づいた人はいるかな?それ以外にもチェンナイの音楽仲間やいつも散歩している場所が映ったりとインドが懐かしくなっている人にはたまらない映画です!(笑)


音楽監督はお馴染みA.R.ラフマーン。映画の中の注目曲はなんといっても「Varalaama」。バクティ(神への信愛)むき出しの「モロにカルナータカ音楽」な歌詞で、主人公ピーターの「カルナータカ音楽」、「ムリダンガム」、そして「師」を渇望する気持ちを見事なまでに表現している!ちなみにシンガーはカルナータカ音楽家かつプレイバックシンガーであるシュリーラム・パルタサラティ!(音楽家の家系で彼の父親はヴィーナー奏者R.Parthasarathyでカルナーティック宣言でもCDを取り扱っているよ!)


この曲の日本語歌詞を知りたい人は南インド料理屋「なんどり」の物販で買うべし!


映画全体の作りとしては雑な部分も散見されるが、それでもなおこの映画の製作陣が並々ならぬ意図を持って現代のカルナータカ音楽シーンの「一端」を描いているのは間違いない。カルナータカ音楽が好きな人、気になる人は是非とも観て欲しい。っていうか、ワシがカルナータカ音楽を紹介する不定期トーク「The カルナーティックトーク」+この映画の上映会なんてイベントもやりたいな(笑)




南インド料理「なんどり」

この「世界はリズムで満ちている」のDVDは東京都荒川区の南インド料理店「なんどり」の物販部門で販売しているので、是非ともチェック!「なんどり」でこのDVDを買うと何と日本語字幕付きです!字幕を手掛けたのは「なんどり」のマダムむんむんさんと、南インドの研究者である小尾淳さん。約2ヶ月かけて字幕をつけた二人の情熱に感謝!しかも素敵なイラストと小尾さんによるライナーノーツ付きだからね。皆さん、是非是非!


小尾さんは先日、南インドに関する研究書「近現代南インドのバラモンと賛歌 ~バクティから芸術、そして「文化資源」へ~」を上梓されたばかりでもありますが、これについてはまた後日紹介しますねー!

んだば、今日はざっくりとこんなカンジで。

またねー!


あきらジー


「伝統」という視点からインドの音楽や儀礼を見つめる! 写真家井生明a.k.a.「あきらジー」による映像たっぷりトークイベント! 南北インドの古典音楽、ケーララ州の神おろし儀礼テイヤム、そして西ベンガル州のバウルなどを動画で見せながら、「世代」を越えて伝承されていくものを紹介していきます! 「芸能でめぐるインド!2018」 日時:2018年5月6日(日) 会場:東中野キングスカフェ(東中野キングス・ガーデン内)東京都中野区東中野4-2-16(JR東中野駅より徒歩3分) 時間:OPEN 13:30 START 14:00(16:30終了予定) 料金:1,500円(フード・ドリンク持ち込み自由、会場内にドリンクベンダーあり) 出演:井生 明(写真家)

予約:machikadoclub.info@gmail.comまでご予約メールの件名を「芸能でめぐるインド!2018」としてお名前、電話番号、人数(できれば同伴者のお名前も)を記載してください。

#インド伝統芸能古典音楽パルバティバウル #伝統 #芸能 #伝承 #カルナータカ音楽 #ヒンドゥースターニ音楽 #テイヤム #神降ろし儀礼 #パルバティバウル

© 2019 by Akira Io  All Rights Reserved.

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean